模擬面接依頼はこちらから!!

【TOEFL勉強法】純ジャパの僕が3ヶ月でTOEFL30点以上スコアをあげた勉強法

僕は高校時代から英語は嫌いで、とりあえず大学受験を突破することだけを目標に勉強していました。

もちろん大学に入学してからも留学経験もなく、帰国子女でもない純ジャパです。

外国人同士が会話しているところに割って入るとか、英語でプレゼンするとかそんなことは到底できないレベルでした。

英語から逃げ続けた大学1-2年生時代:TOEFLなんて知らない・・・

大学時代、英語の授業があったのですが僕は全く理解できませんでした。

僕の周りはなぜかTOEIC900点とか、英検1級とかそんな友達が多かったこともあって、みんな授業を理解していてとても楽しそうにしていたんです。

そしたら、中間テストではスピーキングのテストをすることが先生から伝えられ僕はあまりにも嫌すぎてその授業は捨てました。

 

また、大学ではダンスサークルに入っていたのですが海外からの留学生でダンスをしたい人や、ダンス留学でアメリカにいっていた友達が海外から友達を連れてきたのでみんなで遊ぼうと誘われました。

そこらへんを観光で回ったり、ラーメン食べたりする感じでした。

僕は予定もなかったので、「なんかおもしろそう。日本に来るくらいだから日本語話せるだろう」と思ってついていったのですが、そこで絶望的な孤独感と疎外感を感じることになったのです。

 

留学していた友達はもちろん英語が話せるので、3人ぐらいいた留学生と英語で楽しそうにおしゃべりをしていました。僕はというと、ご察しのとおり、とりあえずみんなが笑う時に笑ってやり過ごすしかない・・・。という辛い経験でした。

そこで「なんとかしないといけない」と思いながらもなかなかやる気が湧かなかったのが大学1年〜2年の夏ごろまでのお話です。

突然きたチャンス

そんなこんなでのらりくらりしていたところ将来どんな仕事に就職しようかと考えていました。

僕はなんとなくかっこいいし、給料も良さそうな外資系コンサルタントになりたいなと思ったんです。浅はかですよね。笑

そこでいろいろ調べているうちに、外資系コンサルタントは経営者の問題を解決することが仕事らしい、海外大学のMBAを持っている人が多いらしい、ということを知って、「経営はめちゃくちゃおもしろそう!でも、英語必須じゃん・・・」と思いました。

 

そんな時に大学2年生の夏に実家に帰ると、祖母の兄弟(僕からするとなんて呼べばいいのか・・・おじさん?おじさんと呼びますね)のおじさんとお会いする機会がありました。

おじさんは東京で経営者として仕事をしていたので、僕は興味津々に経営って何するの?と素朴に疑問を投げかけて話をいろいろ聞いていました。

 

そして大学2年生の冬。突然東京のおじさんから連絡が来て、「今の時代は英語ができないとダメだ。海外の大学で勉強してきなさい。君にやる気があるなら援助してやる」という話が来たのです

僕は「え・・・?えええええ?」と驚きました。それまで留学なんて考えたこともなかったですし、英語なんてやらない方が幸せだくらいに思ってきたので本当に驚きました。

 

でもよくよく考えるとこんなチャンスはもう2度とないんじゃないか?と思って、留学を決意しました。

親戚とはいえ親以外からお金を出してもらうことにとてつもない責任を感じ、これで英語のスコアが足りなくて留学いけませんでしたとかかっこ悪いし、いい成績で卒業できないとダメだ!と思ったので、とうとう覚悟を決めました。

 

この時に僕は、「もう英語をやるしかない」と腹をくくったのです。

自分が死ぬ気で頑張った英語勉強方法を全てまとめた:TOEFLとの戦い開始

ただ、英語の勉強は本当に苦しかったんです。

僕は昔から要領が良い訳でもないですし、語学の才能もありません。

英語ができる人に「どうやったら英語ってできるようになるんですか」と聞いても、いまいちピンとこず、僕の気持ちや感覚をわかってもらえませんでした。

 

英語の勉強法についていろんな本や教材がありいろいろ言われていますが、「純ジャパ向け」に英語をできるように導いてくれるような教材や英会話学校はあまりない、もしくは、あったとしても月10万円以上する高額なものです。

ぼくは、英語で仕事ができるようになるために本当にいろんなことを試しました。

  • 英語の小説を読んでみる
  • 瞬間英作文をしてみる
  • 海外のドラマを見てみる
  • いろんな単語帳を買ってひたすら覚える
  • スピードラーニングをしてみる
  • 英会話学校に通ってみる

これらはほんの一例です。役に立ったものもあれば、あまり意味をなさなかったものもあります。

こうやっていろいろ試しながらもがいているときに、「同じような体験をしている人からリアルに話を聞きたいな」と何度も思ったものでした。

本当に英語できない僕が、海外の大学院に進学するために効率的で短期間ですぐに結果の出る勉強方法があればなぁと思っていました。

なので、英語にもがきにもがいた経験を活かし、純ジャパの僕が編み出してきて気づいた勉強方法をご紹介しようと言うことを思い立ったのです。

ダウンロードはこちら

英語は勉強量に比例する

英語は人生の中で積み上げてきた勉強料に比例すると思っています。つまり、英語は早くやればやるほどトクをします。

若いうちのほうが覚えがいいという理由もありますが、一度ある程度のレベルまで達することができたら、後はぐんぐん伸びていく好循環に入るのです。

  • 英語で文章を読んでもストレスがなくなる
  • 新しい単語も覚えやすくなる
  • 海外の友達が増えて話す機会がどんどん増える

などなど。こういう経験を繰り返すことで、さらに英語力はどんどん加速されていくんです。

先進国として世界3位の経済大国であるにも関わらず、英語で仕事をしたり、海外の大学で経験を蓄積している人はほとんどいないのが日本です。

 

逆に言うと、今一生懸命頑張って英語ができるようになれば、お金の面でもそれ以外でもいい思いができますし、人生が変わるはずです。

例えば、1日あたり1万円(つまり、月当たり30万円)の収入増が見込めたり、世界が格段に広がったり、そういうモノを手に入れることができるのです。

 

そして僕が何より感じていることは、英語ができないとキャリアの幅が狭くなるということです。

いくら学生時代頭が良くても、いくら今仕事ができたとしても今伸び盛りのアジアの事業に参加できない、海外の最先端の情報に追いつけないとなると、次第に給料も下がっていきますし、そうした先輩も数多くみてきました。

正直40歳になってから挽回する大変さと、今20代、30代で頑張っておく大変さでは圧倒的に20代、30代で頑張ることの方が楽ですし、将来のリターンが大きいです。

 

僕は少なくともキャリアの幅が狭くなるのは板でした。。大学時代にチャンスを掴むため英語を死ぬ気で勉強して、なりたいコンサルタントになり、好きな仕事でバリバリ仕事をしたかった。

だからこそ僕は海外の大学で戦えるそして仕事で使える英語を身につけるためにもがき続けてきたのです。そして、その経験をストーリーやコツ、勉強法にまとめてぎゅっと詰め込んだのが「純ジャパの僕が3ヶ月でTOEFLのスコアを上げて人生を変えた方法をご紹介します」です。この読み物は、かつての僕と同じように海外に行きたい、将来英語を使って活躍したいと本気で考えている方のために作りました。よろしければ、ぜひ下記よりダウンロードしてみてください。

ダウンロードはこちら

有料にしている理由

今回ご紹介する英語の勉強方法を有料にしている理由は、あなたに本気で英語の勉強を取り組んで欲しいからです。

 

もちろん無料でご紹介した方がみなさんにとってはありがたいかもしれません。

でも、タダで手に入れた時は本気にならないと言うのが僕の考えです。

そこで有料にしたことで、身銭を切って本気になってもらいたい、そんな思いが込めてあります。

本1冊くらいの値段を投資するだけで、英語が伸びて人生を変えるチャンスがあると思うとリーズナブルだと思っています。

もちろん強制するつもりもないので、本気で英語を伸ばしたいと言う方だけご覧いただければ良いと思っています。

 

購入者の方の感想

購入者の方から感想をいただいたので、ご紹介します!

大学生の方

購入しようと思ったきっかけ

交換留学のためにTOEFLが必要になったので勉強法を調べていました。語学学校は高いので自力でやるにはどうやったらいいのかを知りたかったからです。

読んだ感想

まさに、「確実に英語力が伸びる方法」が書かれていて、読みながら、「こんなステップで勉強していけばいいのか」と言うことがわかりました。

とくに感動したのは「なり読」と説明されている内容が自分でもおどろきで、本当にこの方法を試したら英語脳がどんどんできていきました。だから、こんな人におすすめだと思います。

  • コツコツ勉強しているのに英語力が全く伸びない
  • 海外の大学留学のスコア提出期限まで短い
  • 英語は勉強してきたけれどどうも力になってる気がしない
  • やる気はあるけれど自分にあった勉強法が見つけられない

という人におすすめです。

特に、最後の「やる気はあるけれど自分にあった勉強法が見つけられない」は、TAKUさんの勉強方法を真似てみるといいと思います。私もそっくり真似して、またTAKUさんと相談させていただいてとても丁寧なフォローをいただきました。

大手企業会社員の方

購入しようと思ったきっかけ

海外の大学院に進学しようと思っていて、英語の勉強に本腰を入れたいと思っていました。ただ、仕事柄毎日忙しいので遠回りをしたくないなという思いから勉強方法を探していて、自分似合いそうだなと言うのとお手頃価格だったので購入してみました。

読んだ感想

自分の英語学習に対してのマインドの低さを一番気づかされました。英語の王道の勉強方法はこれしかないんだなと。

社会人として英語の勉強をしたいけど時間がないと言ってチャンスを逃している人にはぜひ読んでほしいと思います。

ただの英語の勉強法!ではなく、じゃあ実際に使える英語がを身につけるための方法が乗っています。こんな人におすすめ!

  • 若手社員はマストで読むべきです
  • 大学受験レベルの英語からどうにも抜け出せない人
  • チャレンジ精神のある社会人全員

 

ダウンロードはこちら