模擬面接依頼はこちらから!!

TOEFLスピーキングの勉強法【Writingより先に始めべき理由とは】

留学を目指している方

この記事を読んでいる皆さんは、次のような悩みや疑問を持ったことがありませんか?

交換留学で海外の大学に行きたいけどTOEFLで良い点が取れない

スピーキングのテストが難しくて、TOEFLで目標の点数が取れない

この記事ではこういった悩みや疑問に答えていきます。

 

記事を書いている僕は、みなさんと同じようにTOEFLに苦しんでいた学生でした。

試行錯誤しながらTOEFLのスピーキング、ライティングを克服して無事イギリスの大学院に進学することができました。

この記事では、私の経験をもとに、「TOEFLのスピーキングの勉強方法」についてお伝えしようと思います。

 

参考>>TOEFLは英語を勉強したい人にとって最強の教材です

1. TOEFLのスピーキングの勉強方法とは?

TOEFLのスピーキングの勉強方法は大きく2つのステップがあります。

  1. 瞬間英作文で口に出すことができる英文をストックする
  2. オンライン英会話でSection1、2の問題の練習を行う

それぞれ順に説明していきますね

瞬間英作文で口に出すことができる英文をストックする

まずは”スピーキング”のテストをするためには何が必要でしょうか?

単語力、発音、・・・色々あると思いますが、一番大切なことは口に出すこと!!

これ以外にはありません。

 

なぜかというと、どれだけ単語を知っていても、どれだけ発音が良くても何も喋れなければ採点もされませんよね。当然。

ですので、まずは英語を話すことへの抵抗感をなくすことが大切になります。

 

そのためには、「自信を持って話せる英文をストックすること」これが全てなんです。

みなさんが、安産を素早くできるようになった時のことを思い出してみてください。

小学2年生で九九を暗記し、テストまでさせられ、算数ドリルを解きまくる。その一連の勉強で知らない間に九九を言えるようになっていましたよね。

 

英会話も同じで”簡単な英文をストックすること”がまずはSpeakingをクリアする第一歩です。

そんな簡単な英語じゃTOEFLのスピーキングはクリアできないよ!と思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。

難し英語で伝わらない日本語英語よりは簡単な英語で滑らかにわかりやすく伝えた方がSpeakingは点が取れます。

そしてその後留学に行ったときでも、簡単な英語で話している方がコミュニケーションはうまく取れます。

 

そこでご紹介するのが、「瞬間英作文」です。

 

この本に出てくる日本語→英語を文字通り”瞬間”的に言えるように練習してみてください。

僕もこの本を使ってスピーキングの練習をしたのでやり方をご紹介しておきます。

が、1つしかないんですよね・・・笑

 

それは、「毎日口に出して英語を”口に”覚えさせる」ことです。

また、この本は時間をかけては行けないのでスピードが大事です。

2週間くらいで1冊を仕上げてだいたい言える状態にした上で、残り2週間で何周もしていくやり方をお勧めします。

 

じっくり時間をかけて最後まで終えたとしても、また最初に戻った時に全く思い出せないということになっていては意味がないんですよね。

基本は”暗記”から全ては始まるので、まずは暗記して口に覚えさせるためにも2週間でやりきってほしいと思います。

 

参考>>【逆転の勉強法をご紹介】純ジャパの僕が3ヶ月で30点以上スコアをあげた勉強法を

オンライン英会話でSection1,2の練習を行う

オンライン英会話の目的

次に、瞬間英作文で簡単な英文が作れるようになった後は、オンライン英会話で実際に練習です。

ここでの目的は2つです。

  • 実際に英語を人に向かって話すことになれること
  • TOEFLのSection1,2の方を覚えること

この2つの目的を完遂するためにはオンライン英会話がお勧めです。

格安で実施できるのでコスト面も全く心配ないですし、なにより自分で授業をアレンジできる自由度が高いからです。

おすすめオンライン英会話

そしてお勧めのオンライン英会話がDMM英会話です。

60か国の講師陣とマンツーマン!

DMMは、レアジョブと違って、TOEFL対策が可能な講師がたくさんいますし、フィリピン人だけでなくヨーロッパの方やネイティブの方とも授業ができるので、非常に有効です。

僕にはオンライン英会話は早いよ・・・と思っているかもしれませんが、ある程度話せる方なら早速オンライン英会話に飛び込んだ方が伸びるのが早いです

 

スピーキングの一番の敵は、”話さない”ことなので、勇気を出して申し込んでみてください。

留学に行ってから恥をかくよりも今恥をかいて留学生活を満喫する方がかっこいいですよ!

ひとまず無料なので試すだけ試してもお金かからないですし、気楽にいきましょー!

【DMM英会話】オンライン英会話☆無料体験レッスン受講

 

おすすめオンライン英会話の使い方

オンライン英会話を使う時のポイントは、”自分で集めた問題を講師にチェックしてもらう”やり方がおすすめです。

 

基本的にオンライン英会話では、授業のやり方を自分で選ぶことができます。

DMMなどが提供している教材を使っても良いですし、フリートークでも良いということになっています。

 

だから、TOEFLのスピーキングを練習するには、フリートークでお願いして、

「TOEFLの練習がしたいから、問題を出してもらって、それを私が答えるのでその後直したりしてくれませんか?」と依頼してみましょう。

 

ちなみに事前に問題リストは準備しておいた方が良いと思いますが、もし準備するのがめんどくさいという方がいれば、今だけ無料で問題リストを配布しておりますので下記よりご連絡ください。

友だち追加

友達追加をして、題リストくださ〜いと連絡をいただければ、お送りいたしますね。

 

2. Writingの前にSpeakingを行う理由とは?

勉強の効率を上げるため

Writingの勉強を開始する前に、Speakingを行う理由は学習効率を高めるためです。

TOEFLのライティングの勉強する時には、おそらく参考書を読んでいろんな英語表現を覚え、エッセイを書く練習をしていくと思います。

すると、そもそも英語の文章をスラスラ書くことができない、という問題にぶつかるんです。

 

考えたこと、書きたいことが書けないとストレスがたまりますし、英語力のなさを痛感しモチベーションが下がりますよね。

結果TOEFLの勉強を挫折するなんてことにもなります・・・・

 

だからまずはSpeakingの練習を始めて欲しいんです!!

Speaking のSection1、2はすごく簡単な問題形式なので、回答も基本的な単語と文法で作られた文章になります。

そうした短い文章をストックしていくことで、文章の表現の仕方は拙いかもしれませんが、言いたいことのほとんどは文章にかけるようになります。

すると、先ほどお伝えしたように”書けない”というストレスが減るので、勉強の効率が落ちることはないでしょう。

 

Writingの勉強のコツ

ライティングがスラスラかける右葉になった前提でのお話になりますが、ライティングのコツは「論理的に核技術」を身につけることです。

ライティングの添削を私もよくするのですが、みなさん英語は非常によく書けています。一文一文は、比較的難しい表現を使っていますし、文法も正しいです。

でも結局何を伝えようとしているのか分からない文章に多く出会ってきました。

 

その原因は、文章の論理構成が曖昧になっているので、読み手に伝わりにくい構造になっています。

つまり、英語力ではなくて「わかりやすく伝える」技術が欠けているんです。

 

ですのでまずは、英語の文章の前に、「わかりやすい文章」を書く方法を身につけることをお勧めします。

下記を参考にしてみてくださいね。

 

参考>>【逆転の勉強法をご紹介】純ジャパの僕が3ヶ月で30点以上スコアをあげた勉強法を

参考>>英語を勉強すると論理的思考力が身につきます

参考>>論理的に考えるための方法【分かりやすく解説します】

 

3. まとめ

・まずは、瞬間英作文
・次にオンライン英会話で話す力を伸ばす
・Writingを勉強する前にスピーキングを勉強してね